現代の狐舞ひ より面白き芸をめざして

流行の発信地、吉原で生まれた吉原狐たちは、現代においても人を笑わせ、喜ばせるため、常に斬新で面白き芸能を追求しています。

 

 

我々の「狐舞ひ」は一種類の決まった踊りではありません。場面に合わせ、個性豊かな狐たちが様々な舞を披露します。

稲荷の使いにふさわしく、五穀豊穣を願う三番叟や翁の舞。勇壮な若狐による破邪・追儺の舞。場を清めるお祓いからコミカルなじゃれあいまで…伝統的な舞踊の要素を取り入れながらも、自由でユニークな舞の数々。

型破りな芸風と古き良き日本らしさを兼ね備えた、狐ならではの変幻自在のパフォーマンスをお楽しみください。

 

囃子

 

狐たちが活き活きと跳ね回りながら奏でる、賑々しくめでたい笛太鼓のお囃子。人知れず催される狐たちの宴を垣間見たような、怪しくも心躍る体験をもたらします。

創作神楽 

 

本拠地である吉原神社の大晦日と、その兄弟社である千束稲荷神社の例大祭では毎年、創作神楽を奉納しています。台詞劇に舞と囃子を織り交ぜた和製ミュージカルのようなお神楽は、老若男女問わず楽しんでいただけます。神話のオマージュから愉快な日常劇まで、演目は様々です。